プリザの管理について

お花の贈り物にプリザーブドフラワーをいただく、
最近はそう珍しくなくなってきました。

でもせっかくいただいたプリザーブドフラワーは
どんなところに置いたらいいの?と聞かれることが多いです。

長期間生花のような美しさを保てるお花ですが
置き場所によって美しく保てる期間も変わってくるのです。

ケース等に入れずそのまま飾られる場合は特に
気をつけていただきたいポイントがあります。

まず気をつけるのが水分。
湿気は大敵ですから洗面浴室やキッチンなど
水周りのある所は避けてほしいですね。
風通しいのいい乾燥したお部屋がいいのですが、
直射日光や窓際など光のあたるところは退色しやすくなります。
電球やライトの傍も色褪せしやすいです。

かと言ってエアコンなどの風が直接当たる場所や
エアコン等で乾燥しすぎた部屋も花びらが硬くなって
ひび割れてしまいます。
乾湿の差が大きい場所は特によくありません。

乾燥によるひび割れは小さければハサミなどで
カットしますが、大きいと修復できないので注意が必要です。

置き場所を気をつけていても今のように梅雨の時期は
どうしても湿気にやられる場合があります。
湿気で花弁が透き通った感じになるのです。
色合いも悪くなり、輸入品のプリザでもカビが生えたりします。

湿気にやられた場合はお菓子などに付いている
小さなシリカゲルの袋を使って回復させてやります。
箱などにプリザとシリカゲルを入れ、蓋は完璧に閉めないようにして
しばらく置きます。
湿気の程度に応じて一晩~2,3日くらい、様子を見ながら調整します。
あまり乾燥させすぎると花弁が硬くなってひび割れるので
気をつけて下さい。
100207_2303~0001
プリザーブド加工したバラにステムをつけて一輪のバラに。
ちょっとした贈り物にいいです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts